医療現場で求められる3つのこと。

医療現場で求められる3つのこと。

看護師の職場はめまぐるしく変化していますが、変化しないものもあります。それは、いつの時代にも、看護師として普遍的な大切にしたい3つのこと、チームワーク、向上心、そしてホスピタリティです。

 

職場の設備がどんなに最新でも、どんな大きさの施設でも、これらがないと、看護師として充実した仕事はこなすことはできません。看護師という仕事は、自分一人でプロジェクトを進めていくような個人プレーの仕事とは全く違い、一人の患者さんを時間で区切ったりして複数の人によって対応していきます。だからこそ、その患者さん(施設なら利用者さん)の経過や様子をきちんと伝言したり、これからの治療の方針を確認したりと、縦と横のつながりがとっても重要になります。人と正確に、細かくコミュニケーションをとってこそ、自分の知識や技術が職場で役に立つのです。

 

看護師が働く現場は、日々技術も設備も制度もめまぐるしく変化します。いつまでも古い知識を大切に持っていても即戦力にはなりません。看護師が接する人は、病気や介助、介護が必要な人達ばかりです。献身的な精神がなければ、真の看護は出来るはずがありません。これらのことは、どこの職場に行っても忘れてはいけません。